5th Album 「orbital period」, BUMP OF CHICKEN II [2005-2010]

BUMP OF CHICKEN 「プラネタリウム」歌詞の意味

主な収録作品:プラネタリウム
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー
2005-07-21

【はじめに】 基本的に、ここで書くのは言葉的な解釈だけです。「曲のテーマ」とか「メッセージ」とかは聴いたひとそれぞれが感じるものなので、そのあたりの考察にまでは踏み込まないようにしたいかなと思います。

→BUMP OF CHICKEN 「プラネタリウム」歌詞(リンク)

【歌詞の大まかな意味】

窮屈な狭い部屋でも、どうにか開放的な気持ちで暮らしたい。
そう考えていたらある日、
プラネタリウムで部屋を宇宙にしてしまうことを思いついた。
それから一気に行動に移って、
翌日にはもう、手作りのプラネタリウムは完成していた。

本に書かれた作り方を参考にはしたけど、
少し自分なりのアレンジを加えてみた。
光の漏れる穴を勝手に増やして、
その星に秘密の名前をつけてみた。

壁に映ったその光はあまりに強くてまぶしくて
そのまま燃え尽きてしまうんじゃないかと思うほど。
思わず触ってみたくて壁に手を伸ばしていた。
たくさんある星の中でも特別まぶしいあの光の名前は、
僕だけの秘密だ。

 

狭い部屋の天井や壁は全部プラネタリウムの宇宙に変わった。
外にも出ていないのに、窓すら開けていないのに、
宇宙も星も全部、この世のすべてが僕の部屋の中にある。

そして本物の世界にはない星が、
部屋の宇宙の端っこで光り輝いている。
何の苦労もなく、あなたのことを傷つけもせずに
僕は自分のものにしたいと思っていたあなたを、
やっと自分のものにできたわけだ。

あなたのことを深く知るにつれ、
それ以上近づくことが怖くて、わざと離れたりして、
あなたなんか僕の手の届く存在じゃないと思ってた。

なのにこの部屋の中ではちょっとつま先立ちをするだけで、
拍子抜けするほど簡単に
あなたの名前を付けた星に手が届いてしまった…

こんなことするんじゃなかった。
手を伸ばせば届くのは当然だ、
だけどそれで嫌でも気づかされた。
この星は本当のあなたじゃない。僕の想像上のあなたでしかない。
本当のあなたに手は届かない。
でもあなたの存在は、
僕の中でずっと光りつづけてる…

 

にせものの宇宙を抜け出して、
部屋の窓から空を見上げたら、そこに本物の世界が回っていた。
ふと気づくと、あるわけもないのに
あなたの名前をした星を探している。
僕の心が、プラネタリウムみたいに夜空に星を描く。

燃え尽きてしまうんじゃないかと思うほど強く輝いているのに、
僕の心からはなくなってくれなくて
心が苦しくなるほどあなたを深く知っても、自分のものにはできなくて…

空にあなたの名前をした星は見えないけど、
それは確かに僕の心の中にはあって、
それに何とか触ってみたくて、僕はあなたの名前を呼んでみる。
あなたが人知れず流した涙のことは、
僕だけが知っている。

燃え尽きてしまうんじゃないかと思うほど強く輝いているから
僕が思わず自分の手を差し出したくなるような
そんなあなたが持つそのまぶしいもののことは、僕だけが知っている。

あなたがどんな暗やみにいるときでも、
僕はあなたに手を差し出すことができる。
あなたの光はちゃんと見えているから。
それは僕にだけ見えるものだから。

 

◆「手作りプラネタリウム」について

作り方はさまざまだと思いますが、星の配置の通りに厚紙に穴をあけ、裏から光を当てるしくみのものが多いようです。暗い部屋の中で、穴から漏れた光が壁に届くことで、お手軽に星空を再現できます。

手作りなので、自分の好きな場所に好きな星を作ることもできるわけです。歌詞の内容とはあまり関係ありませんが、あるインタビューで、藤原さんがプラネタリウム作りの思い出を語っています。

──藤原さんは、プラネタリウムを自分で作ったことあるんですか?

藤原:夏休みの自由研究の課題でどれだけ自己アピールするか、というのがあって図鑑とか見て頑張ったんです。普段は書いてある通りに作るのは嫌いだったんですけど、その時ばかりは同じように作ろうって思って。今回の詩に「実在しない穴を開けて」ってあるじゃないですか。その穴を良く見ると何かの文字になってたら、オレすごいヒーローじゃん(笑)、みたいな気持ちがあって。でも挫折しました。タイムリミットまでにできなくて。
https://www.barks.jp/news/?id=1000009792

 

◆「星」が意味するもの

歌詞に「四畳半の片隅には ここにしか無い星がある 傷付かず 傷付けないままで 君をついに閉じ込めた」とある通り、この「星」は主人公から見て光り輝く存在である「君」の分身として作られたものです。

宇宙や星に関する曲が多いバンプですが、この曲の「星」は天体観測やrayなどの「ほうき星」「彗星」とは異なり、ある人を例えたものとなっています。ただ、同じ言葉を使っている以上、深いところではつながりがあるようで、exciteのインタビューでは、藤原さんはインタビューに答えることへの不安も語りつつ、次のように述べています。

藤原「そう、僕らがこういう場に来るってことは凄くリスクを背負うことであって。つまり、自分らが何か言いたいことを上手く喋れたとしたら、それを歌う必要はなかった、音にする必要はなかったと思うんですよ。で、音にしたことを言葉で補おうとすると語弊もあるし、言葉を間違えちゃう時もある。『そんなふうに思ってたんだ』って、インタビュー読んでいる誰かのことを傷つけるかもしれないし。ちょっとアホな言い回ししちゃってそれを揚げ足取られちゃったり、意地悪言われたりとかね。そういうリスクがある。」

「俺らにとってコミュニケーション手段なんですよね、”プラネタリウム”っていう曲がね。そこでの言語の選び方、音の選び方が『どう伝わるのか』というところで死活問題になってくる。そういうのが詰まってるものであるからこそ、こういうインタビューをしてもらえるんだろうと思う。得体が知れないからね、やっぱね。」

「それが得体の知れないまんま、そのまま届けばいいんじゃないかな。そのために何回も何回もいろんな曲を作るんじゃないかな、いろんなライヴをやるんじゃないかなと思う。1回も同じライヴはないと思うんですけど、それはそういうことだと思うんですよね。同じことを歌った曲だってありますよ、モチーフだけで言っちゃえば”天体観測”の中にも『星』というモチーフがあるし・・あれは雨の曲なんだけどね。”プラネタリウム”の中にも—これは四畳半の曲なんだけどね—『星』というモチーフがある。だけど、一つの物事を多角的に見ることによって、その曖昧な得体の知れない一つの感覚を伝えようとしてるんだと思うんだよ。」
http://ent2.excite.co.jp/music/special/bump/int04.html

※ 2018/03/21更新

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中